家庭教師になるための3つのポイント

家庭教師になるためには3つのポイントがあります。
まず1つめは生徒のことを知ることです。
生徒の性格や勉強に対するモチベーション、悪いところ、良いところなどを知ることが第一歩ではないでしょうか。
子どもとコミュニケーションが取れて、子どもの気持ちを和らげたり楽しくさせながら、勉強に意識を向けさせていくということも必要になります。
好きなことを聞き出して、その話題から入っていくとお互いの信頼も高まります。
子どもが家庭教師を信頼するようになれば、家庭教師の指導をどんどん吸収することができるようになります。
そのため子どもと気持ちの接点を持つことがとても重要なのです。

2つめは子どもの分からないところを、探ることができなければなりません。
子どもが分からないところを言ってくれないという家庭教師は間違っているようです。
子どもは分からないことに関して、分からないところが分からないのです。
家庭教師が分からないところを探してあげることで、驚くほど急激に伸びることもあります。
ひとつの大きなつまずきには、分からないところが分からないということがあるのです。
しっかり子どもの分からないところが分かる家庭教師は、実力のある家庭教師だとも言えそうです。
教えることばかりに時間を費やすのではなく、ときには一日掛けても分からないところを探してもいいのではないでしょうか。
それほど分からないところを探すことは重要なのです。

3つめは親御さんとの関係を良くするということです。
親御さんはやはりスポンサーであり、今後自分との契約をストップすることもできる立場にいます。
媚びを売ることはありませんが、親御さんにとって良い印象の家庭教師であるようにしたいものです。



▽特選サイト
家庭教師 → 実力のあるプロの家庭教師が在籍している会社です。